【レビュー】刻音色│時が止まった館の秘密を解き明かすミステリーアドベンチャー【エロゲ】

総合評価

Mink │ 2003-05-09 │ 2,900円(DL版/2019年12月時点)
総合評価
(2.0)
本作の評価
シナリオ
(2.0)
キャラクター
(2.0)
グラフィック・演出
(3.0)
音楽・ムービー
(3.5)
システム
(1.5)

 

GOOD POINT

  • 薬漬け(媚薬)にされて堕ちていくHシーンのシチュエーション
  • 人体実験など倫理的にタブーな題材

BAD POINT

  • 様々なジャンルの要素を詰め込みすぎたせいでまとまりが悪い
  • 全体的に冗長で硬い文章

 

パッケージ&特典

DLsiteのダウンロード版で購入しました。

古い作品ですが、Windows10(64bit)でも問題なく動作します。

 

シナリオ

攻略順
各BADEND→各ヒロインEND→カスミEND の順番でクリアしました。

推奨攻略順:好きな順番でOK。カスミENDはおそらく全ヒロインのエンディングを攻略後に解放されます。

医学、オカルト、雑学などの要素を詰め込んだ館ものミステリーアドベンチャー

心因性の記憶喪失で、自分の名前すらも忘れてしまった主人公『詩条刹弥しじょうせつや』。

神隠しの伝承が残る「刻無ノ館」で自分の記憶を取り戻す手掛かりを探すうちに、精神が乖離する現象に悩まされ――というところから、物語は始まります。

詩条家に仕えるメイドたちと交流を深め、自分の記憶を取り戻して「刻無ノ館」に言い伝えられている神隠しの伝承を解き明かすミステリーアドベンチャー。

総プレイ時間は、攻略サイト様を参考にして11時間程度(CG・Hシーン全回収済み)。

特定のアイテムを入手できなかったり、選択肢による推理を失敗するとBADエンドへ突入してしまい、BADエンドの量も多いため、自力攻略は難易度高め。フローチャートで好きなシーンに飛べる機能は便利でしたが、既読スキップが搭載していないため、難しさに加えて面倒くささも……。

参考 ゲーム攻略メモ 〜刻音色〜魔王の子供達NX

攻略チャートは上記サイトを参考にさせていただきました。

医学、オカルト、民俗学、雑学など、様々なジャンルやミステリー&館ものあるあるネタを詰め込んだシナリオで、良い意味でも悪い意味でも期待を裏切られるような作品でした。

医学や雑学面では勉強になる部分もあり、ライターさんの知識量には圧巻の一言です。

ただ、複数のジャンルを詰め込んでごちゃまぜにしたせいで、まとまりが悪く「よく分からないゲーム」になっていたというのが本音。

ライターさんの力不足だけではなく、私の拙い頭のせいで理解が及ばなかった……という部分もあると思うのですが、説明も疎かなまま淡々と物語が進んでしまうため、プレイヤーの置いてけぼり感が否めず。

そして、文体が硬めかつ言い回しもくどいので、読み進めるのに疲れを感じる部分もありました。

最終的にこのキャラクターはどういう立ち位置だったの?と頭のはてなマークが消えぬままエンディングを迎えてしまったため、もう少し分かりやすく簡潔にまとめて欲しかったところ。

 

共通ルートは冗長だが、柱時計が動き出したあとは……

正直、1日目~3日目の共通ルートは、記憶喪失の主人公と同じく「右も左も分からない状態」が続くせいで、シナリオが冗長かつ退屈に感じましたが、止まっていたはずの「柱時計」が動き出して事件が起きてからはミステリー作品らしく盛り上がっていきどんどん楽しくなってきました。(大体始めてから3時間~4時間経過したあたり)

共通ルートで挫けずに、4日目からの「本編」をぜひプレイしてみてください( ˶˙ᵕ˙˶ )

そしてBADエンドの多さに絶望するがよい

 

やりごたえのある難易度

上記画像のように、場所・30分刻みの時間帯・日数ごとに分けられたフローチャートシステムシーンジャンプ機能を搭載しているため、選択肢をミスってBADエンドへ突入しても好きな場面からやり直せるのが便利でした。

ただ、特定のタイミングや場所でしか入手できない重要アイテムがあったり、自ら推理しなくてはいけない場面もあるため、全エンディングやCG・Hシーンを回収するとなるとなかなか骨の折れる作業。

ちなみに、コンフィグ画面の「カウントダウン機能」をオンにすれば、重要な選択肢が時限制になり、更にやりごたえのある難易度になります。

難しさはありますが、自らの足でマップを移動して調査し、事件を解決していく―という能動的に物語を楽しめるシステムでこういった作品にはぴったりのシステムでした。

正史ルートを探し求めて総当りで地道に攻略するこの感じ、難易度の高い昔のエロゲらしくて好き。

 

同一ブランド作品「椿色のプリジオーネ」っぽい雰囲気と設定

【レビュー】椿色のプリジオーネ│椿色に染められた洋館を舞台にしたミステリーアドベンチャー【エロゲ】

資産家の当主という主人公の立場や、雪の降り積もる季節、椿の花、メイドのヒロインたち(見た目の特徴も似てる)――と、同一ブランドの『椿色のプリジオーネ』に似た雰囲気と設定で、プリジオーネ→今作と続けてやると、同じ作品をプレイしてるんじゃないかと錯覚してしまいました。最初は。

肝心の中身は全然違う作品とはいえ、ここまで同じ設定だと実は繋がりがあるのかと思ってましたが、そんなことはないみたい。()

プリジオーネが売れたから設定を似せて制作したのかなーと邪心(∩^o^)⊃━☆゚.*·。 

 

キャラクター

攻略対象ヒロインは🎀全5名です。5人中4人がメイドさん。
音声は主人公以外フルボイス仕様。

サブキャラクター(男性)の慈夜や鮒場までボイス有りなのが嬉しかったです。

ただ、さやかと鮒場は演技が下手だったような気も……。

 

各キャラクターごとの感想は、個別エンドの結末が全キャラ同じだったのとヒロインに対してあまり愛着が持てなかったため割愛。

作中では、主人公のことを慕ってくれる小動物のような雰囲気の梨花と、ズボラだけど親しみやすい陽子さんがお気に入り。

 

グラフィック・演出


クリエイター情報🗝原画:Hide18

CG枚数は差分抜きで🎨124枚ありました。(CG鑑賞モード調べ)
イベントCGの枚数は、シナリオボリュームの割には多め。

通常CGとHCGの割合がちょうどいい感じです。

(通常4:HCG6くらい)

 

『椿色のプリジオーネ』と同じ原画家さん。

プリジオーネに比べるとクオリティが上がっていて、更に可愛らしくエロい絵柄に進化していましたଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧

古い作品のため、好みは別れそうな絵柄ですが、作風にマッチしたグラフィックだと思います。

ところどころ、表情が硬い…というかぎこちないCGがありましたが、陵辱系HCGの苦悶の表情や汁感、艶のある肌の塗りがエロくて良き。

全体的に彩度の低い色合いですが、だからこそヒロインたちの肌の白さが映えていました。

時間帯や部屋の明るさに合わせて、立ち絵の色合いも調整してくれる工夫も◎

 

Hシーン

クリックするとぼかし無しのCGが表示されます。(18禁注意)

Hシーン数は❤全31回ありました。(回想シーン調べ)
Hな写真を見つけるだけ、というシーンも回想シーンに登録されているため、実際の行為に及んでるHシーンは上の回数よりも4,5回少ないです。

 

事件を解決できないと、ヒロインが薬漬けにされて快楽堕ち

クリックするとぼかし無しのCGが表示されます。(18禁注意)

アイテムを入手し忘れたり、推理に失敗するとBADエンドへ突入。

基本的に、どのBADエンドも一緒に行動していたヒロインが「ジャンク」と呼ばれる媚薬で薬漬けにされて、何も考えられぬまま肉欲に溺れてしまう快楽堕ちエンド。

この陵辱シーンが思った以上に濃くてこれはこれでアリなんですが、犯人の正体も分からぬまま真相は闇の中へ葬られてしまいます。

キメセクや快楽堕ちシチュが好きな人にとってはそそるHシーンも多いかもしれません(ง⁎˃ ᵕ ˂ )ง⁾⁾💕

 

Hシーンのシチュエーション

※ 犯人の正体など、ネタバレに関わる人物名は伏せ字にしてあります。

藤乃 カスミ

鮒場に触診される
鮒場にパイズリ、ぶっかけ
眠ったカスミを陵辱
ロープで縛られたまま媚薬を注射→ローター責め→破瓜陵辱→バック

綾瀬 梨花

何者かに抱かれている梨花を覗き見
鮒場に触診される
トイレでタンポンを挿入してるシーンを覗き見
フェラ
素股、バックで挿入→亀甲縛りで挿入
縛り付けられた状態で媚薬を塗られ、ローター責めで失禁→経血セックス
目隠し&緊縛でキメセク

夢叶 さやか

風呂場でオナニー
風呂場で剃毛しているのを覗き見
目隠しされながら媚薬を注射され、陵辱
パイズリフェラ
さやかの部屋で正常位

琴岬 美季

鮒場に触診される
何者かに抱かれている美季を覗き見
万年筆でオナニー
トイレでオナニー、放尿
胸・尻揉み、パイズリフェラ→挿入
拘束されたまま○○○に陵辱される→快楽堕ちした美季と騎乗位→○○○とバック

姫垣 陽子

鮒場との行為を覗き見
風呂場でオナニー
陽子の頼みを聞くためにセックス
薬漬けにされたまま○○○に犯される
ローター&バイブでオナニー
フェラ→騎乗位→バック

その他

○○○に命令されるまま、カスミ&美季のWフェラ
梨花&さやかの絡み
さやかが縛られた主人公の上で騎乗位→梨花も参加して3P

 

未遂や覗き見などのシーンもありますが、Hシーン数は多め。

メイン(?)の陵辱シーンは尺も長く濃厚でした(///ˊㅿˋ///)💕

媚薬で快楽に溺れていく様子が丁寧に描かれていて、絵柄やシチュエーションがハマれば実用性は高め。

強いて言えば、葵さんのHシーンがなかったことと、過去○○○に陵辱されていたメイドさんがCGだけの描写だったのが残念。

 

音楽・ムービー


楽曲情報🗝

  • ED曲:【刻音色~Tokineiro~】 / アーティスト:みとせのりこ

BGMは全33曲で、ボーカル曲は収録されていました。

 

みとせのりこさんがしっとりと綺麗な歌声で歌い上げる『刻音色~Tokineiro~』が良曲。

昭和のバラードソングのような曲調で、静かなピアノのイントロから始まってサビの盛り上がりが耳に残ります。

雪の降るスタッフロールの演出と曲が非常にマッチしていて、直前のカスミの台詞を思い返しながら聞くと心に染み渡る……。

やっぱりみとせのりこさんの歌声は美しい……(///ˊㅿˋ///)

 

BGMもアレンジが含まれてるとはいえ、33曲も収録されていて大満足。

ピアノ、オルガン、オルゴールを使った物哀しく静かな曲が多いのも私好みでした。

印象に残ったBGMは、悲劇2~Tragedy~ 刹弥のテーマ など。

 

システム


クリア後のおまけ🗝

  • GALLERY(CG鑑賞モード)
  • Scene(Hシーン回想モード)
  • Music(音楽鑑賞モード)
  • DoRaMa(各ヒロインの陵辱シーンを文字無しのドラマ風に楽しめるモード)
  • Special Gallery(特別CGを閲覧可能)
  • Special Scene(主人公になった気分でメイドたちとのHシーンを楽しめるモード)

 

参考 刻音色|修正・拡張パッチミンクミュージアム

上記の公式サイトから、修正パッチが配布されています。

パッチを適用してからのプレイをおすすめします。

 

コンフィグの設定項目は必要最低限揃っていましたが、バックログ機能が未搭載だったのが辛い。

非アクティブ起動ができなかったり、明朝体の細いフォントで文章が読みづらかったりと幾つか不便な部分はありましたが、最低でもバックログ機能は欲しかった……。

あとは、シーンジャンプ機能があるとはいえ、既読スキップがないのもマイナス。

BADエンドへ突入すると、「次は~~をした方がいい」というキャラクターからのありがたいお言葉(ヒント)を聞けるところや、主人公がどれだけ記憶を取り戻したかメッセージウィンドウ下部に分かりやすく視覚化されているところなど良かった工夫点はありましたが、古い作品なだけあってシステム面には粗が目立ちます。

そして、4日目の6/7page EVENTからロード→ガレージへ行くと会話中に強制終了してしまう不具合が発生しました。

重要イベントではないので、スルーしてもクリアには問題なさそうですが、攻略の際はご注意ください。

 

まとめ

こんな人におすすめ

  • メインヒロインが報われない展開が好きな方
  • 難易度の高い推理作品が好きな方
  • キメセク・薬漬けされて快楽堕ちしていくシチュエーションが好きな方

医学、オカルト、民俗学、雑学――と様々な分野を詰め込んだはいいもの、上手くまとまらずに良く分からないまま終わってしまった感じの作品。

共通ルートが終わってから右肩上がりにどんどん面白くなり、先の気になる展開になってきたと思ったら、緩やかに面白さが下降して、消化不良感のままエンディングを迎える…このもやもや感。

良作になりえる素質は持ち合わせていたと思うので、もう少し簡潔にまとまっていれば……!

人体実験とか倫理的にタブーな部分に切り込んできたところは良かったんです……本当に……!

シナリオは微妙な結果に終わってしまいましたが、エロ・音楽面に関しては満足感が強いです。特に音楽。

人を選ぶ作品ではありますが、過度にミステリー・推理作品として期待しなければ楽しめるかもしれません。

Win10でも問題なく動きますし、DL版も手頃な価格で販売しているので手に取りやすいかと思います🐰

 

【刻音色】の購入はこちらから

Mink │ 2003-05-09 │ 2,900円(DL版/2019年12月時点)
クリエイター情報
タイトル刻音色
ブランドミンク
発売日2003-05-09
原画Hide18
シナリオ
ジャンルアドベンチャー
プレイ時間11時間

ミンクのレビュー記事一覧