【Diorama -ジオラマ-】現実と異世界が交差する様を複数視点で描いた電波系ADV【同人】

総合評価

FLAT │ 2005-06-19 │ 990円(DL版/2019年12月時点)
総合評価
(2.5)
本作の評価
シナリオ
(2.0)
キャラクター
(3.0)
グラフィック・演出
(2.5)
Hシーン
(1.0)
音楽・ムービー
(4.0)
システム
(2.0)

 

GOOD POINT

  • 豪華声優陣によるフルボイス仕様
  • 作風にマッチしたBGM・ボーカル曲

BAD POINT

  • 時系列、世界観、設定が説明&描写不足
  • 終始理解が追いつかないままエンディングを迎えてしまった

 

パッケージ&特典

DLsiteのダウンロード版で購入しました。

古い作品ですが、Windows10(64bit)でも動作します。

 

シナリオ

攻略順
涼子ルート→萌ルート→Diorama(春奈ルート) の順番でクリアしました。

推奨攻略順:涼子と萌は好みの順番でOK。涼子・萌を攻略後、タイトル画面に【Diorama】ルートが解放されます。

簡単なあらすじと攻略情報

荒れた家庭環境等から、世界に対しての絶望、虚無感を日頃から抱いている主人公梶木充かじきみつる』。

ある日、夢の中の登場人物である塔沢義実とうさわよしみの名前が書かれたメモを受け取ったことから、現実世界と異世界が交差する不思議な現象に巻き込まれ――というところから、物語は始まります。


総プレイ時間は、4時間程度。

選択肢はそれほど多くないので、攻略難易度は易しめ。一応CGコンプリート済みの攻略チャートを用意したので、興味がある方はプレイ時に下記の記事を参考にしてみてください( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

攻略チャート

【攻略情報】Diorama -ジオラマ-【同人】

 

商業エロゲブランド「FLAT」の同人時代の作品

『シークレットゲーム』『ひこうき雲の向こう側』など数々の良作を生み出しているエロゲブランドFLATの同人時代に制作した作品が今作になります。

正直、ストーリー・設定・絵などは上記に述べた作品と比べると、荒削りな部分が多かったですが、この価格帯(発売当初の定価は2000円ほど)で豪華声優陣によるフルボイス仕様+OP曲、ED曲のボーカルソング2曲収録(OPに関してはムービーまで)という意欲作であり、ゲーム制作に対しての愛情や熱意がひしひしと伝わってくる作品でした。

昨今の同人ゲームだとフルボイスなんて当たり前で目新しさはないですが、2005年発売の同人作品と考えると凄い。

商業ブランドとして立ち上げて、ヒット作を生み出している理由が垣間見えた気がします。

 

現実と異世界が交差するマルチサイトストーリー

肝心のシナリオはと言うと、一言で言えば複数視点で描かれる電波系のストーリー。

「梶木充」と「塔沢義実」の視点がコロコロ入れ替わって、充の特殊能力(?)によってヒロインが異世界に送られたり、はたまた消えてしまったり……。

充視点では、序盤から思春期特有の厨二病を患ったかのようなモノローグから始まり、日常を冷静に俯瞰して、世界に対しての諦念した心情が描かれます。

打って変わって義実視点では、シリアスなパートはあるものの、三角関係の恋愛模様が描かれる学園系ラブコメ色の強いシナリオが展開され、2つの視点で雰囲気の異なるストーリーが楽しめました。

 

ゆっくりと日常を侵食されていく底知れない恐怖、気持ち悪さのようなものが感じ取れるシナリオで、電波系の”雰囲気”は味わえた……んですが、世界観や設定が頭に入ってこないで、終始理解が追いつかないまま結末を迎えてしまった……というのが本音。

「素晴らしき日々」のような電波や狂気を描いた作品が好きな人にとっては、響く描写もありそうですが、こういった難解なシナリオを書くにあたって、圧倒的に描写不足感が否めませんでした( ᵕ_ᵕ̩̩ )

あと、複数視点は良いんですが、気付いたら視点が入れ替わっていて、この独白はどっちの主人公のものなのか分かりづらかったのもマイナス。

いきなり過去のエピソードに飛ぶこともあるので、時系列の変更及び視点変更時には画面効果などで視覚的に分かりやすくしていれば、更に読みやすかったかもしれません。

2周目をプレイすれば新しく気付くこともありそうですが、そこまでの気力は出ず……(  ; ›ω‹ )

 

キャラクター

攻略対象ヒロインは🎀全3名です。

幼馴染「涼子」、部活の後輩「萌」、別居中の双子の妹「春奈」

音声はフルボイス仕様。充・義実はパートボイス)

商業エロゲでも活躍されている一色ヒカルさん、北都南さん、一条和矢さんなど同人ゲームとは思えない豪華声優陣。

可愛らしい声とクールな声の一色ヒカルさん、どちらの良さも楽しめて最高でした…(((c(  っ*`ω´*)っ))

そして相変わらず、北都南さんはロリ系キャラの声が合うなぁ。

 

主人公(梶木充)

義実は(鈍感すぎるところを除けば)まだしも、充はどーーーしても好きになれなかった。

荒れた家庭環境や虐めなど、精神を病んでしまう原因は幾つかありましたが、どうも厨二病の痛い子にしか見えなくて( ᵕ_ᵕ̩̩ )

妹の春奈を守ろうとして覚醒しちゃうシーンは印象に残ってるんですが、やっぱり痛い。

電波ゲーなので、感情移入できない方がいいんだろうけども。

 

瀬見 春菜

CV:一色ヒカル

充の双子の妹であり、両親の離婚により別居中。

充の家庭環境を気にして、卒業後は一緒に暮らそうと誘ってくれるお兄ちゃん想いの妹で、主人公が心の底から信頼できるっていう気持ちも分かる。そんなヒロインでした。

春奈ルートはTRUEルートを兼ねていることもあって、「攻略した」という感覚が他のヒロインに比べて薄いのが残念( ᵕ_ᵕ̩̩ )

実妹だからか、恋人として結ばれることもないし…!

そして、Hシーンも陵辱のみで未遂という悲しさ。

ハルナの人格についてもよく分かってないんだけど、最後まで兄に振り回された挙げ句、陵辱されるという……苦労人というか、色々可哀想だなぁと( ;ᵕ; )

 

グラフィック・演出


クリエイター情報🗝原画: 桜葉雪音 / 己即是空 / 天川浅葱

CG枚数は差分抜きで🎨40枚ありました。(CG鑑賞モード調べ)

 

この時代のFLATグラフィックはお世辞にも上手いとは言えない絵柄ですが、ちょっと下手だからこそ同人ゲーム”らしさ”があったと思います。(褒めてるよ!)

ここからキラークイーン→シークレットゲーム→うたてめぐり とプレイしていくと、原画家さんの上達が楽しめます( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

ちなみに、己即是空さんは商業ブランドになってもFLATで原画を担当しているんですが、他2名は同人以降参加してないみたいです。

デッサンが崩れているCGも多く、好みが分かれそうな絵柄ですが、立ち絵のバリエーションが豊富だったのが個人的に嬉しかったです。

萌のあわあわしたデフォルメ調の立ち絵とか、後ろ向きの立ち絵とか。

涼子が子供を助けようと道路に飛び込むCGは、涼子の優しさが伝わる素敵なシーンなんだけど、ちょっとシュールで笑ってしまった……()

背景はフリー素材かな?どこかで見覚えがあるようなのが多かったです。

 

Hシーン

クリックするとぼかし無しのCGが表示されます。(18禁注意)

Hシーン数は❤全3回ありました。(回想シーン調べ)
春奈にもどうかいちゃラブえっちシーンを……!

 

Hシーンのシチュエーション

瀬見 春菜

強制フェラ→不良たち身体を陵辱される(挿入なし)

島本 涼子

義実の部屋で処女喪失

双海 萌

クンニ→フェラ→処女喪失(制服着衣でバック)

 

エロはおまけ程度。

声は良いんだけど、描写も薄く実用性はほぼゼロ。

春奈の和姦シーンがなかったのが残念( ᵕ_ᵕ̩̩ )

あと、陵辱シーンがあるなら徹底的にやってほしかった気もする。(最低)

 

音楽・ムービー


楽曲情報🗝

  • OP曲:【Lost one】 / アーティスト:なのか
  • ED曲:【wish】 / アーティスト:なのか

BGMは全17曲で、ボーカル曲は2曲収録されていました。

 

OPもEDもボーカル曲がしっかり用意されていたのが驚き……!

しかもどっちも良曲という素晴らしさ!( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

 

ところで、アーティストのなのかさんという方、初めて聞いた名前なんですが、声がRitaさんにそっくり……。Ritaさんの別名義なのかと思ったけど、調べても情報がなかったので違うっぽい…?
どちらにせよ、ハスキーで耳馴染みの良い声が素敵なアーティストさんでした!

 

ED曲wishは感動系のしっとりしたピアノから始まる、エンディングらしい曲で印象に残ってます。

BGMもフリー素材ではなく、オリジナル曲でしたし、曲数も豊富ଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧

印象に残ったBGMは、銀の音色 悲哀の痛み 世界からの離脱 疾走 煌めく日々など。

 

システム


クリア後のおまけ🗝

  • CG MODE(CG鑑賞モード)
  • MUSIC MODE(音楽鑑賞モード)

 

NScripter製システム。設定項目は必要最低限揃っていたと思います。

パッケージ版のver1.00だと、特定のルートで不具合が発生するという情報も見かけました。(私は特に問題なくプレイできました)

修正パッチも配布されていたようですが、現在ダウンロード先が見当たらないため、パッケージ版を入手する方はご注意ください。

 

まとめ

こんな人におすすめ

  • 電波系、不思議世界系のシナリオが好きな方
  • 鈍い主人公と三角関係の恋愛を描いた学園モノが好きな方
  • FLATの同人時代の作品をプレイしたい方

良い意味でも悪い意味でも、雰囲気だけの雰囲気ゲーに留まってしまった作品。

ただ、世界観や舞台設定など良かった部分もあるので、それを踏まえて現在のFLATのクオリティでリメイクしてほしいなぁ…と思ったり(   ◜▿◝ )

今のFLATの実力なら、本格的な電波ゲーが作れそうな予感。

FLATの青臭い同人時代の作品をプレイしてみたい方、電波系の雰囲気が好きな方はぜひ購入してみてくださいଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧

シナリオ・グラフィックは人を選びそうですが、音楽面は非常に素晴らしい楽曲が揃っていたため、それ目的でもプレイしていただきたい作品。

そしてその後にFLAT商業作品をプレイして、進化を体感しよう!( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

【Diorama -ジオラマ-】の購入はこちら!

FLAT │ 2005-06-19 │ 990円(DL版/2019年12月時点)
クリエイター情報
タイトルDiorama -ジオラマ-
ブランドFLAT
発売日2005-06-19
原画桜葉雪音 , 己即是空 , 天川浅葱
シナリオ影影路
ジャンルアドベンチャー(虚構世界交錯)
プレイ時間4時間

 

FLATのレビュー・攻略記事一覧

【Diorama -ジオラマ-】現実と異世界が交差する様を複数視点で描いた電波系ADV【同人】【攻略情報】Diorama -ジオラマ-【同人】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。