【感想】ワールドエンド・シンドローム

 

  タイトル ワールドエンド・シンドローム
  ブランド ARC SYSTEM WORKS
  発売日 2018-08-30
  原画 加藤勇樹
  シナリオ 金沢十三男
  ジャンル ミステリー×恋愛アドベンチャー
  プレイ時間 約12時間~15時間
  評価         

 

この夏に何かが起こる。
そう、確信した――

――ある夏の日、入り江の中に閉ざされた海町「魅果町」へと引っ越してきた主人公。
ひょんなきっかけで、選ばれた者のみが所属できる
「ミステリー研究会」へと入部することに。
賑やかなメンバーと過ごす楽しい日々。
そんな日常がずっと続く、そう思っていた。

ある女子生徒の遺品を見つけてしまうまでは……

 

パッケージ & 特典


Switch版のパッケージで購入しました。

PS4、PSV、Switch版が同時発売されたようです。どのハードでも内容は同じ。

 

 

シナリオ

攻略順:沙也→玲衣→舞美→雪乃→未海
推奨攻略順:後ろ3人はルート固定なので、沙也か玲衣を好みの順番で。初回はBADエンド。

 

100年に一度、死んだ者が蘇る(黄泉人)という伝承が残る「魅果町」を舞台に繰り広げられる、恋愛×ミステリーアドベンチャーゲーム。

田舎を舞台にしたミステリー作品――ということで、ひぐらしのような作品を期待していたんですが、どちらかといえばヒロインとの恋愛(というか日常シーン)要素の方が多く、ミステリーのみに期待しすぎると肩透かし感は否めないかもしれません。個人的には、ミステリー風味のギャルゲーって感じ。

 

個別ルートはほぼ固定なので、各ヒロインを攻略していく毎に判明していく伏線など、ワクワク感もあり、全キャラ攻略後に解放される真相編には驚かされました。

本編では、途中で黄泉人の正体に気付いてしまいましたが、真相編で明かされた真相には全く気付きませんでしたし、構成が上手い。

まさか、最初にプレイヤーに決めさせられた”あれ”にも理由があるとは思わなかったよ…!

 

ギャルゲーらしい、マップ移動システムを導入しているのですが、ヒロインに会いに行く→好感度上げ という作業が約1ヶ月続き、難易度的にも面倒なのがネック。しかも、重要なイベントシーン以外はボイス無しという悲しさ。

せっかくキャラクターも魅力的なんだし、メインヒロインだけはフルボイス仕様にしてほしかったですね。

システムについてはまだ不満点があるので、システム項目にて書いています。

 

舞台や設定はいいんだけど……と、シナリオに関しては惜しいの一言。

途中で飽きたりもしませんでしたし、決してつまらなくはないんですが、黄泉人伝説などをホラー、サスペンス風に描かれていた方が好みだったかも。あくまで個人的な意見ですが!←

 

 

キャラクター

お気に入りキャラクター順:未海=玲衣>舞美>沙也>雪乃

 

楠瀬 舞美


主人公の従兄弟で、魅果町の別荘で同居することになったサバサバ系ヒロイン。

なかなかメインヒロインでは見ないタイプで、実際の女子ではいそうな、ある意味リアリティ溢れたキャラクター。

主人公に告白するシーンなんかは、「本当にギャルゲーのヒロインかよ。」と思わず笑ってしまったw

好みは分かれそうですが、私は好きでした。こういうノリが軽い子いいね、楽しそう。

 

1周目では攻略できなかったしメインヒロインだしで、黄泉人伝説に深く関わってくるのかと思いきや、案外そうでもなかったという拍子抜けキャラでもある。(ひどい)

(あと、余談ですが、なぜか舞美ルートに入るための好感度が足りず、繰り返しプレイすることになってしまった…! 仕様なのかな?)

 

◇   ◇   ◇

 

神代 沙也


大企業のお嬢様。お嬢様らしい世間知らずなキャラクターでしたが、鼻につく感じではない。

本作では、沙也たち神代家と未海たち甘奈家の名家が深く関わってくるんですが、未海ルートをやったあとでは沙也ルートの印象はかなり変わりそう。

話自体は、エリート街道を歩むお嬢様ならではの悩み…みたいな感じでどこかで聞いたことのあるような話ではあるんですが、エピローグ後の展開はめちゃくちゃ驚いた。

引きが非常に上手かったので、沙也を最初にやって良かったかもしれないヾ(*゚ω∩*)

 

◇   ◇   ◇

 

音無 雪乃


魅果町で起こる事件を調べている記者。主人公たちより年上のお姉さんキャラ。

雪乃の発言するセリフは響く言葉が多くって、スクショが捗った思い入れ。

「部屋を自分の趣味でいっぱいにする人は、生命力に溢れてる」ってセリフとかね。

雪乃ルートでは、序盤で殺された女子生徒を殺害した犯人が判明するなど、一気に物語は進みます。

このルートも全クリア後にやると思うことが多そうな……。

”記者”というポジションだからこその魅果町の謎に迫れたシナリオで楽しかったです。

 

◇   ◇   ◇

 

二階堂 玲衣


魅果町で撮影される映画のために魅果町にやってきた国民的アイドル。通称「ニカレイ」。

明らかにニカレイの正体は○○だって分かるはずなのになぜ分からないミス研のみんな…。(一応伏せ字)

というか、キャラクター同士は気付いてない様子だけど、話を読む限り、玲衣と沙也って○○だよね…?

他ルートとは違い、エピローグは後味の良い終わり方で、ギャルゲーとしては一番ありがちなルートだったかもしれない。

ニカレイのアイドルシーンをもっと見たかったよ!ヾ(*゚ω∩*)

 

(なんか伏せ字ばっかりだけど、気になる人はプレイしてみてね!)

 

◇   ◇   ◇

 

甘奈 未海


圧倒的メインヒロインかつさいかわヒロイン。

最終ルート固定なのもそうだし、未海の持つ能力もそうだしで優遇されてるなぁ。

あんなに冷たかった未海がデレてからの可愛さは強かった(∩˃o˂∩)♡

LINE(っぽいSNS)で「好き」なんていうキャラだったのかよ可愛すぎるっ。

最終ルートなだけあって黄泉人伝説についての真実も分かり、一番楽しめたルートでした。

みんなで自撮りするCGが大好き。最後に集合写真とか持ってくるゲームってずるいですよね。

 

 

グラフィック・演出


CG枚数:36枚 (差分抜き)

CG枚数は若干少なめに感じますが(各ヒロイン7~8枚)、立ち絵のバリエーションや背景の演出などはこだわっていたので、グラフィック面は満足度が高いです。

 

背景の一部が動いていたり(電車の車窓とか、風鈴だとか)、揺れる水面など、背景がとても綺麗。

田舎の雰囲気もよく出ていたと思います。

 

立ち絵は、ゲーム内の時間に合わせて立ち絵の色味調整、目パチ・口パクや

横顔後ろ姿などの種類もありました。

各ヒロインごとに制服/私服/浴衣の3種類の衣装もあって、力入れてるのが伝わります。

舞台が夏だし、夏祭りも登場するしで浴衣の立ち絵があったのは嬉しいヾ(*゚ω∩*)

 

 

音楽・ムービー


ボーカル曲:3曲 BGM:

ボーカル曲は、OP、ED、挿入歌の3曲でした。BGM数は音楽鑑賞モードがなかったので不明。

(ちなみに、OP曲を歌っているのは舞美で、ED&挿入歌を歌っているのは玲衣でした)

 

OPムービーは何度も流れるので、聞き飽きた感じはありましたが、サビは耳に残る曲。

クリア後に聞くと、とあるキャラの心情を歌った曲というのが良いですね。

ムービーも最初はよく分からない映像で「?」でしたが、本編とリンクしてるのを理解。

 

曲名は分かりませんでしたが、 タイトル画面 の曲がお気に入り。

音楽鑑賞モードが欲しかったよう(T_T)

 

 

システム


アルバム(CG鑑賞) / TIPS(用語集) / 登場人物リスト / ミッション / コレクション
生徒手帳(キャラクターの好感度グラフ) / 魅果町マップ

 

ミッション:ゲーム内で課せられたミッション。クリアするとアイテムが貰える。

コレクション:ゲーム内で集めたアイテムのコレクション。

 

一般的なノベルゲームのシステム――なんですけど、自由にセーブできないというのが致命的。

日付が変わる度、またはマップ移動の際にはセーブできるので頻度は高いんですが、会話画面などでセーブできないっていうのはノベルゲームとしてどうなんだろうか……。

日付が変わる度にセーブ確認画面が表示されるのも面倒だし、ここは修正してほしかったかな。

 

あとは、シナリオ項目でも書いた通り、パートボイス仕様というところがマイナス。

 

作中の設定や単語などはTIPSで解説されるのは便利なんですが、後からTIPSを見返すためにはミッションをクリアして、ゲーム内アイテムの「案内書」を集めなくてはいけないという面倒くささも。

 

無駄なおまけ要素を省いて、ノベルゲームとしてシンプルに徹底したほうが快適度は高かったんじゃないかな、と。

 

 

総評

田舎村で巻き起こる恋愛×ミステリーアドベンチャーなんですが、そのジャンルに過剰に期待しすぎず、ギャルゲー感覚でプレイした方が楽しめる(気がする)作品でした。

かといって、恋愛要素もあっさりめなので、どっちつかずという印象が強いです。

キャラクターの魅力や演出面は文句なしの出来だったゆえに、惜しい。

 

ただ、こういった作風のノベルゲームはどんどんSwitchやPS4などで発売してほしいですねヾ(*゚ω∩*)

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る