【感想】蝶の毒 華の鎖


大正時代を舞台にし、没落貴族の主人公が呪われた運命に翻弄される女性向けADVゲーム。印象に残るBADENDが数多くあり、鬱・シリアス要素が強め。インモラルな雰囲気でシナリオもさることながら、アダルトシーンも魅力的な作品。

【感想】Love Letter


歪んだ愛情の猟奇サスペンス。身の回りの大切な人々が残虐な拷問にかけられて殺されていく。複数視点で物語の全貌が分かるという構成で、システム面に難はあるがこの手の作品が好きな人にはおすすめ。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る